スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A Happy New Year 2015    01.03.2015
新年あけましておめでとうございます

昨年秋にブログを開設し、自分の予想に反して沢山の方にオジャマして頂きました
更に拍手して頂いたり、コメントして頂いたり…
秘密が大好きな方が沢山いらっしゃる!
コレが何より嬉しく、ブログを続けてみようと思う原動力(*^^*)
本当にありがとうございます


私は元々文章を書くのは大の苦手
昔から夏休みの宿題の読書感想文はいつも31日にベソかきながら書き
受験は論文の無いところを必死に探し
(英語も無いところ探しました★←コレは中々ない!)
メールもラインも最小限

そうそう
ネット関連に至っては全く無知で臆病な私
Face bookもTwitterもした事ないし
ネットのお買いものをした事が無い
何故ならカードでのお買い物が怖いから・・・
もう、いつの時代の人間よ!って感じです(((^^;)

他人のブログにも全く興味がなかったのに
秘密に嵌った途端何でもイイから情報得たい!って気持ちが増してブログ巡りを
そこで知った二次創作

なーんーてーすーばーらーしーいーせーかーいーーー♪

薪さんが沢山いらっしゃる!!!
もう、嬉しくて嬉しくて嬉しくて♪
特に二次小説
その頃PCが無かったのでスマホで必死に読みました
もう目がショボショボ
  シワ増えたなー(´Д`)
ベットで寝ながら読んで何度スマホを顔に落としたか・・・
  角が当たると結構イタイ★

読んでいたら沸々と薪さんへの思いが湧いて
誰かに伝えたくて伝えたくて
思わずコメントしてみたんですよね
そしたらお返事頂けて♪
秘密を大好きな方とお喋り出来る楽しさっていったら♪♪


そしてあの絵ですよ
At first sight 『メロディ8月号より』にも書きましたが
メロディ買う気はなかったんですけど(コレ以上嵌るのは恐ろしかったので)
あの絵に一目惚れして結局お買上げ~
そしたら更に更に思いが増してしまって

二次小説に出会ったこと
メロディの連載に我慢できなかったこと
そしてコメントする楽しさを教えて頂いたこと

これらが相まってブログを始めました
そしてそこからまた新たな出会いがあって
楽しいお喋りをしたり
そのお喋りから秘密への思いを触発されたり・・・

今こちらを読んで下さっている方々
コメントでお喋りをして頂いている方はもちろん
お喋りはしていなくても秘密が大好きで訪問して下さっている方々
本当にありがとうございます
これからも一緒に秘密を愛し、応援していきたいです

今年も宜しくお願いします(^^)/


********************


すいません(汗)
締めた筈なのにチョコッと追記

新年早々薪さん描きました





前回に突っ込んでいた赤面薪さん
若い時の薪さんを参考にしてます☆
顔を赤く染める薪さんが拝めるなんて~!
次回は是非、青木の前でお願いしますm(__)m



スポンサーサイト
秘密の家族    11.16.2014
先日リンクさせて頂いたeriemamaさんのブログをみていた時にあった一文


青木が、「薪さんなら」「薪さんだけが」って思っちゃう・・・鈴木さんが、「薪だけは」、って思ったんだろう彼らに愛されている薪さんが好き


うんうん、そうだよね~(^^♪
もぉ~この言葉に刺激を受けてしまいました
二人の薪さんに対する気持ちが表れた言葉
因みに青木の言葉は原作から、鈴木さんの言葉はeriemamaさんが作ったもの
青木とは違うスタンスが解り易い!

前々から思っていたんですけど青木は受身なんですよね
薪さんなら~してくれる、薪さんだけが~してくれる
薪さんがいての自分

鈴木さんは自分が主導で
薪だけは~する
自分が薪を~

そう
私にとっては鈴木さんは「薪を」がより近いです
これは各個人の鈴木さん像によって異なると思うんですけど
私にとっては「薪を」
何でかというと雪子さんを愛していたと思うので薪さんOnlyではない
この辺がホント微妙で~
雪子さんを愛していたけど薪さんへの気持ちに悩んだ事もあったような気もする
プロポーズを考えていた時も
『二人を守りたい』
『こんな中途半端な気持ちでいいのか?』
みたいな
若しくは貝沼によって混乱してしまったような・・・
まっ
ナゾーです
でも色々な角度で見るの楽しい



申し遅れましたが
私の考える秘密の恋愛ベクトルって凄くシンプルで
薪→青木
なんです
自分が受けたハッキリとしたもの

秘密は読み手によって様々な解釈が出来るので(そこが面白い!)色々と揺れる気持ちはありますが私の中でコレだけは確実だろうと(*^^)v
あっ、因みに①~⑫を読んだ時点です
青木は気持ちはあっても一生気付けない
というか気付いてるけど受け入れられない~と思ってました
今回のスピンオフで行動してくれて嬉しい♪



また元に戻りますがスタンスのお話
恋愛だか友情だかは抜きにして
私の中では友人でも恋人でも兄弟姉妹のスタンスを考えがちです
薪さん・鈴木さん→弟・兄
薪さん・青木→兄・弟
これは実際の自分の兄弟関係に当てはまってる気がする
薪さんのように1人っ子・真ん中の人はフレキシブル

薪さんは鈴木さんの中に父とか兄とかを感じながら家族のように守られて
青木に対しては弟をみるスタンスで守られる側から守りたい側になったような気がします


岡部さんはこのカテゴリーで考えると兄なんでしょうけど私には父親に見える
見た目じゃないですよ☆
薪さんからの岡部さん→息子・父親
岡部さんからの薪さん→父親・娘
薪さんは岡部さんの前では(チョット可哀想な位)顔色を窺わずノビノビと行動できる
口には出さずとも、心の奥では物凄い信頼と感謝の気持ちで一杯
ある意味青木より信頼しているかもしれない
(人間的にの信頼は絶対だけど恋愛感情が入ると邪念が入るから)

岡部さんは薪さんが心配でオロオロ
普段は弱気だけど、いざとなれば有無を言わさず守り抜く
いつも見守っている

「薪~」で考えると私的には「薪さんへ」
「娘へ」みたいな(笑)
娘は何れ旅立つけどいつも見守ってるよ
お前への愛情はいつも穏やかに注いでるよ・・・みたいな



以上を踏まえてこんな絵を





何故かつよし君
紙を持って何か見せてます
そして、つよし君が見せている紙には~ コレ↓





つよし君が見せてるんですよ~
苦情は受け付けませんので宜しくお願いします m(__)m




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。