スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めまして    01.11.2025

初めまして、Misaと申します
2013年秋に清水玲子先生の「秘密―The top secret―」に出逢い、薪さんが大好きになりました

こちらのブログでは感想(呟き)を主に時々イラストを・・・
以下注意点です
・レビューではありません(呟きです)
・既読前提で書かせて頂きます(ネタバレ全開です)
・私の考える恋愛ベクトル 薪→青木 (本編のみの時点で)
・青木に対して当たりが強い(愛情の裏返しです★多分)
・イラストはトレースしたものです(オリジナルで描く能力がありません)

スピンオフが始まった今、いわゆる青薪で見守っていますが
基本、薪さんに少しでも長くお逢い出来ればどんな展開でも受け止めるつもりです


私の考えはあまり万人受けする内容では無いと思います
出来れば広いお心で
ちょっと変わっているけど、こんな考え方もあるんだぁと一笑に付して貰えれば幸いです(*^^*)



***************


「秘密」をご存じない方に簡単な説明です


秘密はMRI捜査という架空の科学捜査により事件を追う「科学警察研究所法医第九研究室」、通称「第九」が舞台
MRI捜査とは死者の脳から生前の映像を再現させ、事件解決に繋げる捜査手段である

新人の青木警視がMRI捜査の第九に配属され、そこで薪室長(警視正)という上司に出会い、彼が第九を去ってゆくまでの物語
青木の視点を主に彼の事件に対する考え、薪に対する気持ちも変化し成長していく
そして彼を見守る薪も・・・
この薪が見目も麗しく才能豊か
ミステリアスな彼の秘密が読者の想像を掻き立てる


事件は勿論、登場人物の人間関係・心理状態も丁寧に描かれている
タイトルの「秘密」は誰しも持っているもの
隠したい秘密
暴きたい秘密
踏み込んではいけない秘密
過酷な事件による秘密に触れる度に悩み・苦しむ二人

様々な秘密は勿論、各個人の視点により見える世界の違いにも気付かされる

そしてこの作品自体が何を視点に考えるかによって感じ方・考え方が無数にある様に思え、そこが魅力の一つと言える
作者自身が伝えたいテーマはあるが答えを提示するというより投げかけられているようである

既に本編は終了し、全⑫が発行されている
その後スピンオフとしてSeason0が始まり、①が発行済み
2015年1月現在メロディで連載中である
2014年12月に実写映画化が決定し、2016年夏公開予定である

********************
 

とこんな感じです
私は本編が終了後に秘密を知った新参者
Season0のOriginal sinが連載してからブログを始めました
原作はもちろん二次創作も大好き♪
コメント欄で色々なお喋りが出来たらとても嬉しいです

皆さんで秘密を盛り上げていきましょう(^^)/








スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。